月別ページ/7月2016年

9月30日 緑化工学会第47回大会 現地見学会

現地見学会「六甲山系の治山緑化~100年の計の今昔~」
日時:2016年9月30日(金) 12:20~17:30

見学地:神戸市再度山植林事業地,国土交通省六甲山系グリーンベルト整備事業地(兵庫県神戸市)

定員:25名(先着順,事前申込みが必用です。)
現地見学会のご案内・申込方法は>>>こちら(日本緑化工学会ホームページ)
主催:日本緑化工学会

受講対象者 緑化工学会会員

概要 —————————————————————–

1902年(明治35年)に始まった六甲山系の砂防造林事業は,緑化工学の原点とも言えます。そして,六甲山系の治山緑化は現在も形を変えて続いています。今回の見学会では緑化工学の原点を振り返るとともに,未来を見据える機会にしたいと思います。
まず,六甲山系で最初期に治山緑化が進められた再度山を訪れ,当時の写真と同じ場所から,100年を超える時を経た現在の様子を見ていただきます。先人の努力に思いを馳せながら,再度山の植生の変化や課題について議論します。再度山については,橋本佳延氏(兵庫県立人と自然の博物館)と神戸市のご担当者に案内をいただく予定です。
見学会後半では,阪神・淡路大震災後に国土交通省によって進められている六甲山系グリーンベルト整備事業を視察します。斜面対策現場や見本林を見学し,治山緑化事業の目的の多様化や,現代的な課題について議論します。六甲山系グリーンベルト整備事業については,国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所のご担当者に案内をいただきます。

合計 5時間10分/5.0ポイント

* RSS FEED