月別ページ/1月2017年

1月30~31日 第38回緑化工技術講習会

日時:
平成29年1月30日(月)13:00~17:50
平成29年1月31日(火) 9:30~15:00

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟5F 501号室
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
アクセス・地図は>>>こちら

主催:特定非営利活動法人 日本緑化工協会
後援 日本緑化工学会,(財)日本緑化センター,
(社)全国特定法面保護協会,(非営)日本環境土木工業会

受講対象者 官公庁,コンサルタント会社および施工会社技術者

プログラム—————————————————————–

1月30日(月)

特集1. 斜面・法面緑化資材などの価格情報
特集2.海岸防災林再生の現状と課題

●全国の海岸防災林造成の現状と課題-樹林構造、樹種選定、樹林配置の視点から-:
首都圏大学環境情報学部環境情報学科 教授(海岸林学会会長) 吉崎 真司 氏 / 90分

●海岸防災林造成の植栽基盤盛土の現状と課題:
ジオグリーンテック(株)代表取締役 (表土層調査技術研究会事務局長) 長谷川 秀三 氏 / 90分

●建設物価の概要(資材価格の動向など):
(財)建設物価調査会 共通資材調査部部長 大谷 忠広 氏 / 90分

1月31日(火)

特集3. 断層地震と斜面・法面災害、生物多様性保全

●断層地震と斜面・法面災害について:
福島大学人間発達文化学類 准教授(土木学会斜面工学研究小委員会幹事) 中村 洋介 氏 / 90分

●災害復旧等におけるヘリコプターの活用:
朝日航洋株式会社東京空情支社 副支社長 田中 善治 氏
同航空事業本部東日本航空支社 第一営業部営業第一グループリーダー 市川 晋 氏
/ 90分

●生物多様性保全に係わる実際的地域区分(ゾーニング)と斜面・法面災害地の緑化対策事-浸食防止から生物多様性保全まで-:
(非営)日本緑化工協会 理事長(技術委員長)中野 裕司 氏 / 90分

合計 540分/9.0ポイント

開催内容の詳細は,日本緑化工協会のウェブページ
◆お知らせ・ニュース◆「第38回緑化工技術講習会について」をご覧下さい。

1月22日 公開シンポジウム「乾燥地の生態系とその課題」

日本緑化工学会 乾燥地緑化研究部会
第22回公開シンポジウム「乾燥地の生態系とその課題」
6. 西アフリカの乾燥・半乾燥地における緑化への取り組み

日時:2017年1月22日(日) 13:30~17:00

会場:東京都市大学 二子玉川 夢キャンパス
(東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩1分)

アクセス・地図は>>>こちら
主催:日本緑化工学会 乾燥地緑化研究部会
共催:日本沙漠学会,東京都市大学

受講対象者 一般

プログラム—————————————————————–
司会進行:吉﨑真司(乾燥地緑化研究部会 幹事)
開会のあいさつ 吉川 賢(乾燥地緑化研究部会 会長)

●西アフリカサヘル地域における里山再生活動の取り組み:
坂場光雄(特定非営利活動法人サヘルの森 代表) / 45分

●自然資源管理における現行法制度への慣習的価値観の統合、ニジェール川内陸デルタを事例として:
中山祐介(株式会社アースアンドヒューマンコーポレーション) / 45分

●西アフリカサヘル地域における植林戦略と半乾燥地における社会林業普及手法の紹介:
阿部真士(JICA国際協力機構地球環境部 特別嘱託) / 45分

●質疑応答と総合討論:
コーディネーター:山中典和(乾燥地緑化研究部会 担当理事) / 45分

合計 185分/3.0ポイント

* RSS FEED