カテゴリーページ:行事区分

3月19日 シンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」

日本緑化工学会 シンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」
日時:2017年3月19日(日) 10:00~14:00

会場:水前寺共済会館 グレーシア 1階 芙蓉
(熊本市中央区水前寺1-33-18)

アクセス・地図は>>>こちら

主催:日本緑化工学会 生態・環境緑化研究部会
共催:環境省(予定) 熊本県 熊本大学

受講対象者 一般

プログラム—————————————————————–

●趣旨説明 :
内田 泰三 (九州産業大学) / 10分

●熊本地震発生直後の現場の状況と、その後の取り組みの紹介:
黒川 潮(森林総合研究所九州支所) / 40分

●九州における国立公園・自然公園の保全・管理について:
北橋 義明 (環境省九州地方環境事務所) / 40分

●阿蘇草原再生に向けて考える災害跡地と法面の緑化植物の取り扱いについて:
西脇 亜也 (宮崎大学農学部) / 40分

●生物多様性に配慮した植物材料供給の最前線および「自然公園における法面緑化指針」の概説:
入山 義久 (雪印種苗株式会社) / 20分

●災害復旧における斜面緑化の計画検討のあり方:
吉田 寛 (東興ジオテック株式会社) / 20分

●地域性植物材料を活用する「熊本モデル」の構想と企画内容:
中村 華子 (緑化工ラボ) / 20分

●討論・質疑応答:
司会:中島 敦司 (和歌山大学) / 40分

 
合計 230分/3.5ポイント

3月18日 日本緑化工学会 現地見学会

日本緑化工学会 シンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」現地見学会

日時:2017年3月18日(土) 12:00~18:00

会場:熊本県内(国道57号線復旧現場/山地崩壊地/阿蘇カルデラ内等)

主催:日本緑化工学会 生態・環境緑化研究部会
共催:環境省(予定) 熊本県 熊本大学

受講対象者 一般

プログラム—————————————————————–

●説明 白川への堆積土砂と流木の撤去状況:

●現地見学会Ⅰ 立野地区(国道57号線大規模崩壊地復旧現場):
国土交通省熊本地震災害対策推進室,熊谷組,日特建設株式会社 /

●現地見学会Ⅱ 阿蘇外輪山の被害状況 平成24年度豪雨による崩壊地の見学:
〃 /

●現地見学会Ⅲ ミルクロード 斜面緑化の視察:
〃 /

●現地見学会Ⅳ 阿蘇市内の草原(草原生態系の維持管理)平成24年豪雨による表層崩壊/平成28年熊本地震による被害箇所と草本植生の再生状況:
公益財団法人阿蘇グリーンストック /

 
合計 220分/3.5ポイン

3月11日 シンポジウム「自然の成り立ちから探る多摩川の魅力」

明治大学農学部 応用植物生態学研究室
「多摩川が造った自然」報告会
シンポジウム~自然の成り立ちから探る多摩川の魅力~

 
日時:2017年3月11日(土) 10:00~12:00

会場:明治大学生田キャンパス第1校舎6号館6-204号室
(多摩区東三田1-1-1)

アクセス・地図は>>>こちら

主催:明治大学農学部 応用植物生態学研究室
後援:日本緑化工学会 生物多様性緑化研究部会

受講対象者 一般

プログラム—————————————————————–

●「多摩川から学ぶ」:
南部 祐太朗 (明治大学大学院) / 20分

●「生田キャンパスとその周辺の自然から学んだこと」:
倉本 宣 (明治大学農学部教授) / 40分

●「生田キャンパス周辺の集合住宅地の歴史のみどり」:
小木曽 裕 (明治大学農学部兼任講師) / 40分

 
合計 100分/1.5ポイント

2月24日 日本緑化工学会「福島県海岸林再生の現地見学会」

日時:2017年2月24日(土) 11:30~17:00

場所:福島県内

主催:日本緑化工学会
共催:公益社団法人福島県森林・林業・緑化協会

受講対象者 一般

プログラム—————————————————————–
●福島県相馬市の松川浦砂洲 クロマツ植林地:現場視察 / 40分

●南相馬市鹿島区南海老 広葉樹植林地:現場視察 / 20分

●かしまの一本松および混植・密植型植林地:現場視察 / 30分

合計 90分/1.5ポイント

1月30~31日 第38回緑化工技術講習会

日時:
平成29年1月30日(月)13:00~17:50
平成29年1月31日(火) 9:30~15:00

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟5F 501号室
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
アクセス・地図は>>>こちら

主催:特定非営利活動法人 日本緑化工協会
後援 日本緑化工学会,(財)日本緑化センター,
(社)全国特定法面保護協会,(非営)日本環境土木工業会

受講対象者 官公庁,コンサルタント会社および施工会社技術者

プログラム—————————————————————–

1月30日(月)

特集1. 斜面・法面緑化資材などの価格情報
特集2.海岸防災林再生の現状と課題

●全国の海岸防災林造成の現状と課題-樹林構造、樹種選定、樹林配置の視点から-:
首都圏大学環境情報学部環境情報学科 教授(海岸林学会会長) 吉崎 真司 氏 / 90分

●海岸防災林造成の植栽基盤盛土の現状と課題:
ジオグリーンテック(株)代表取締役 (表土層調査技術研究会事務局長) 長谷川 秀三 氏 / 90分

●建設物価の概要(資材価格の動向など):
(財)建設物価調査会 共通資材調査部部長 大谷 忠広 氏 / 90分

1月31日(火)

特集3. 断層地震と斜面・法面災害、生物多様性保全

●断層地震と斜面・法面災害について:
福島大学人間発達文化学類 准教授(土木学会斜面工学研究小委員会幹事) 中村 洋介 氏 / 90分

●災害復旧等におけるヘリコプターの活用:
朝日航洋株式会社東京空情支社 副支社長 田中 善治 氏
同航空事業本部東日本航空支社 第一営業部営業第一グループリーダー 市川 晋 氏
/ 90分

●生物多様性保全に係わる実際的地域区分(ゾーニング)と斜面・法面災害地の緑化対策事-浸食防止から生物多様性保全まで-:
(非営)日本緑化工協会 理事長(技術委員長)中野 裕司 氏 / 90分

合計 540分/9.0ポイント

開催内容の詳細は,日本緑化工協会のウェブページ
◆お知らせ・ニュース◆「第38回緑化工技術講習会について」をご覧下さい。

* RSS FEED