開催者の皆さま

はじめに

「緑化・環境CPD協議会」は,緑化・環境系の技術者の幅広い継続教育を行うことを目的として、日本緑化工学会が中心となり、平成17年に関連学協会を糾合し設立したものです。現在は,日本緑化工学会,日本緑化工協会,国土環境緑化協会連合会の3団体からなり,各団体に所属する技術者(緑化・環境CPD協議会会員,以下「会員」)がこれに参加しています。
当協議会では,各団体から申請のあった行事について,CPD検討部会による検討,学識経験者によるプログラム認定委員会による承認を経てた上で,緑化・環境CPD認定プログラム(CPD認定行事)に認定しています。
CPD認定行事に参加した会員は,その行事のCPD受付にて登録手続きを行うことでポイントが加算されます。会員個人の学習成果として累積されたポイント数は,当協議会の事務局への問い合わせ・証明書の発行依頼を通じて,証明されます。

行事の申請とプログラム認定

当協議会の加盟団体が学会,講演会,シンポジウム,勉強会等の開催を計画される場合は,緑化・環境CPD協議会事務局に計画内容を通知し,プログラム認定の申請を行って下さい。

申請は,開催の概ね1カ月前とし,申請内容のわかる資料(案内パンフレット,プログラム等)をメールにてご送付願います。プログラム検討委員会ならびに認定委員会の審査を経て,プログラム認定をメールにてお知らせします。また認定された行事はホームページに掲載します。

行事開催にあたり

「この講習会は,緑化・環境CPD協議会の認定を受けたCPDプログラムです。(CPD登録を希望される参加者は,CPD受付けにて登録下さい。)」などと場内アナウンス願います。

単位登録依頼簿をCPD受付に設置するか,会場内で回覧するなどして,参加者に記名頂いて下さい。参加者の名簿を提出頂ける場合には,単位登録依頼簿への記入提出は必用はありません。

行事終了後に,① 配布資料,② 開催状況の写真,③ 参加者名簿又は単位登録依頼簿をメールにて事務局に送付ねがいます。

 

 

 

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

* RSS FEED